空き家利活用サービス|宇都宮市のリフォーム「リバイブホーム」

Vacant house
空き家利活用サービス

空き家の放置は
法的リスクを伴います

空き家を減らすための「空き家対策特別措置法」が平成27年5月に完全施行

平成27年(2015年)、放置された空き家に関連するトラブルを防ぐために「空き家対策特別措置法」が施行されました。これによって「特定空き家」であると指定された場合は、その空き家を主有している人に対して、市町村などの行政から撤去や修繕などの「指導」や「助言」が行われます。指導に沿って何らかの対策を施さない場合は、措置が厳しい方向に進んで、「勧告」や「命令」が出される場合もあります。

もともと住宅を含む一定の面積の土地には「住宅用地特例」という制度が適用されており、固定資産税が6分の1、または3分の1に減額されています。ところが、勧告を受けると左記の住宅用地特例が受けられなくなることもあって、最大で6倍もの固定資産税を請求される可能性も出てきますし、「命令」に違反した場合は罰金が科せられる場合もあります。

特定空家等の定義
  • そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
  • そのまま放置すれば著しく衛生上有害となるおそれのある状態
  • 適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態
  • その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

空き家の「利活用」は
当社にお任せください!

空き家でお困りのことは何でもご相談ください。
当社は空き家の賃貸や売却など、空き家の「利活用」に関するサポートを行っています。

リフォーム

解体

遺品整理

害虫・除草など

売却

賃貸・管理

相続サポート

不動産の売却・買取査定も
行っています

空き家・空き地・中古戸建・中古マンションなどお客様のご要望に応じて売却・買取・活用・診断
また、古屋をリノベーションしての販売や賃貸などのご相談もお請けいたします。

不動産買取のメリット

不動産買取はこんな方におすすめ

遠方にお住まいの方もご相談ください

遠方でなかなかご実家に戻れない方も、まずはお電話・メールでご相談ください。「空き家」となる原因の過半数以上といわれている相続問題による不動産売却や相続税などの専門的なご相談も無料で行っております。税理士、司法書士、弁護士といった各種専門家と連携してスムーズな相続をサポートいたします。プライバシー厳守で対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

ご利用の流れ

1

お問い合わせ

空き家活用に関するご依頼は、当社フリーダイヤルまたはお問合せフォームよりお問い合わせください。その際、ご不明点がございましたら、何でもご相談ください。

  • 0120-312-115

2

現地お打ち合わせ

当社のスタッフが現地に直接出向き、お客様の空き家を一緒に調査します。お打ち合わせには大工も同行するので、見落としがちな天井裏や床下に至るまで、建物の内側を細かくチェックできます。建物の劣化具合や修理が必要な箇所なども徹底分析。不動産とリフォームという、両方の経験を併せ持つ当社だからこそ、独自の視点からお客様に最適なアドバイスが可能です。

3

最適な利活用のご提案

「空き家は解体するもの」とお考えのお客様も多いのですが、中古住宅としての売却や貸家、建物を解体した後の土地売却や駐車場の運用など、物件の状態や資産価値に応じて、さまざまな利活用の方法があります。当社が長年培ってきた不動産としてのノウハウや知識を生かし、土地や建物の価値を組み合わせた利活用のご提案が可能です。物件の管理や工事の施工などは、自社で一括した管理を行い、スピーディな対応を常に心がけております。空き家活用に関するご相談やお見積りはすべて無料です。

4

ご検討

できるだけ選択肢の多い状態からお選びいただきたいので、さまざまな利活用のプランをご提案しております。その際、一つひとつのメリット・デメリットを、分かりやすくご説明。ご不明点がございましたら、遠慮せずに何でもお聞きください。ご相談にはいつでも対応し、お客様にとって最適なプランをお選びいただけるようにサポートしてまいります。

5

発注・ご契約

利活用のプランをお選びいただきましたら、ご契約に移ります。契約締結後はカギをお預かりし、当社で物件を管理いたします。土地や建物の最終的な売買まで、責任を持ってサポートいたしますので、ご安心ください。

ページトップへ